ダイソン掃除機はすごい!すごさを解説。使ってみた感想も。喘息の方にもおすすめ!

みなさんこんにちは!まさぞうです。

2年前にぜんそくにかかってしまいました。ぜんそくって辛いんですね・・・。病院で検査してもらった結果、ダニアレルギーであることが判明!

家が汚いという自覚はあったのですが・・・。とりあえずダニと言えばふとんだろうと思い、ふとんクリーナーを探していたところ、「ダイソン」か「レイコップ」で迷っていました。当時レイコップが結構流行っていたんですよ。



やっぱり吸引力がすごい!

布団クリーナーの「ダイソン」と「レイコップ」の吸引力を比較した映像がこちらです。

「ダイソンの圧勝やん!!」

私はこの映像を見て、ダイソンに決めました!

ダイソンは吸引力がすごいすごい、言われていますがやっぱりすごいんですね!と思い、

「DC61MH」を購入しました。僕が買ったものはもう古いので、新しいのを紹介します。



●一番安価なモデル。たぶんほとんどの方は、これで十分だと思います。これがおすすめ!↓


●これが最新バージョンで、連続運転時間20分だったのが30分になっています。音もV6より静かになっています。↓


●最新バージョンの高いほうです。車のシガーソケットから充電できたり、ノズルの種類が多い。↓

部屋の空気より排気の方が綺麗!

次に、ダイソンの排気性能です。この映像を見てください。

一般的な掃除機は、吸引した微細な粒子を、そのまま空気中に放出してしまっているのがわかります。

「えっ!こんなんあかんやん!ぜんそくひどなるわ!」

って思いました。

一方、ダイソンの掃除機は、機密性の高い設計で0.3ミクロンという微細な粒子まで99.97%逃がさないように出来ています。

これはダイソン買わないとあかんわ!ってなりましたね。

2年間使ってみた感想

取れたごみが見えるのが嬉しい

掃除した後、ごみがどれだけ取れたか見えるのが楽しいですね。布団とかじゅうたんをモーターヘッドで吸引したあと、「え!」というくらいに白い粉が取れていてびっくりしますよ。この白い粉がダニの死骸とかダニのふんなんですね。

こんなものを自分が吸い込んでるんだな・・・。と思ってしまいます。

他のコードレス掃除機も使ったことあるんですが、ダイソンの吸引力は別次元ですよ!

紙パックもいらないのが嬉しい

紙パック式ではなく、ふたを「ボン!」とあけて捨てるだけなので楽ですね。紙パック式のはいつもパンパンになってもなかなか変えなかったりするんですよね~。(私だけですか?)

コードレスなのがこんなに楽だとは!

ダイソンのハンディクリーナーは、片手で掃除が出来ます。そしてコードレスなので階段掃除などもすごく楽です。布団だけじゃなく家中このダイソンで掃除してますよ。

ノズルは布団用とそれ以外も付属されているので、どこでも掃除できますよ。

これが布団用のモーターヘッド。

このブラシで布団を叩きながら吸い込んでくれるんです。

これがもうひとつのノズルを装着したところです。

ダイソンのおかげで喘息は再発していません

ダイソンのおかげで、掃除するのが楽しくなり、結構掃除をしています。ふとんも休みのたびに干してから、ダイソンで吸い取っています。

おかげで、2年前にぜんそくをわずらって以来、再発はしていません。

ごみ捨ては注意!

この写真のように、結構勢いよく「ボン!」って底が開いてごみを捨てます。

これ部屋の中でやってしまうとせっかく吸い取った微細な粒子が部屋に広がってしまいますので、ごみ捨ては外でやるべきですね。このごみ捨て方法が結構評判悪いみたいですね。

私はもう慣れたので大丈夫ですが。燃えるごみを出すときにダイソンも一緒に玄関まで持って行って、玄関の外でゴミ袋の上で「ボン!」ってやるようにすれば、何も問題ないですね。

結構音はでかい

音はかなりでかいので、夜中や朝早く使うと、嫁さんに怒られてしまいます。

まあ、昼間使うのであれば全く問題ないですね。

まとめ

吸引力が別次元にすごい!コードレスなので掃除がすごくラク!排気も綺麗!私は凄く気に入って使っています。ダイソンの掃除機はおすすめです。まだ買ったことない人は是非ダイソンの掃除機を試してみてください。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする