こどもが自転車に乗れない?運動音痴の息子がたった2時間で乗れるようになった方法を教えます。

うちの息子が5歳のとき、自転車になかなか乗ることができませんでした。

嫁さんと何回か練習していたのですが、全く乗ることができません。

ところが私が休みの日に、乗り方を教えたら、息子はかなりの運動音痴なのですが、たった2時間で乗れるようになりました。

私は教習所で指導員をしており、自動二輪車の教習もよくしています。もう千人くらいは乗り方を教えたと思います。

バランスのとり方は、基本的に自転車も自動二輪車も同じです。

それでは、自転車に乗れるようになる教え方を、お教えします。



自転車に乗れるようになる教え方

●まず、子どものやる気を損なわないように注意しましょう。

小さい子どもは、すぐに機嫌を損ねてしまいます。嫌になったら自転車の練習をすぐやめてしまうでしょう。

「なぜできないの?」とか「ダメだな・・・」とか否定的な言葉は絶対にNGです。

少しでもできたら、目を丸くして「すごいな!」「さっきより、うまくできたよ!」と大げさに褒めてあげてください。褒められると子どもはやる気を出します。

●ヘルメットは必ず被せてあげましょう。

おすすめヘルメットです。

できれば、プロテクターもつけてあげた方がいいですね。

●練習場所は直線の長くてゆるい坂道が良いです。

●まず、ブレーキを教えます。

足を着いて進みながら、ブレーキで止まることを教えましょう。ここは誰でも問題ないと思います。

●バランスをとる練習です。

ここが最も重要ですね。バランスさえ取れれば、もう乗れたも同然です。

始めは、ペダルをこぎながらバランスをとるというのは、難しいので、坂道を使います。

坂道を下りながら、バランスをとる練習を繰り返しましょう。

最初は、後ろを持ってあげても良いですが、様子を見ながら少しずつ手を離していきます。

こけてしまうと、恐怖心で練習をやめてしまう可能性があるので、こかさないように気をつけてあげてください。

足をつかないで進める距離を少しずつ伸ばしていくのですが、ここで大事なポイントがいくつかあります。

ポイント
1.目線は下に向けずにまっすぐ前をみること。
2.体はまっすぐに保つ。体を動かさない。
3.ハンドルを使ってバランスをとる。

自転車に乗れる人は、まっすぐ走っているときでも、ハンドルを小刻みに動かしてバランスを取っています。

一方、自転車に乗れない人は、ハンドルを動かさず、体でバランスを取ろうとします。

なので、体を動かさず、ハンドルを動かしてバランスを取るんだよってことを、こどもに教えてあげて下さい。

1回言ってできるわけありませんので、坂道を下る練習をしながら、

「下向かないで前見て!」

「体はまっすぐのまま!」

「ハンドル動かしてバランスとる!」

と、何度も何度も声をかけてあげましょう。

練習を開始したときは、足を着かずに進める距離は1mいくかいかないか、位でしたが、2m、3m、5m、10m、15mとどんどん伸びていき、2時間ほどの練習で50mくらい行きました。

その後、平地で「じゃあ、こいでみ。」と言ってみると、普通にバランス取りながら1人で走っていました。

「かっこいいなー!」と褒めてあげると、すごく嬉しそうでした♪

こぎ出しは難しいので、最初は軽く押してあげると良いでしょう。

まとめ

ポイントは、バランスの取り方です。

「下を向かないで前を見ること。」

「体を動かさないでまっすぐに保つこと。」

「ハンドルを動かしてバランスを取ること。」

を教えてあげましょう。

きっと乗れるようになりますよ!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする